猫岩の観光3名所「ゴジラの背後に猫が、、、」

猫岩の観光3名所

 

秋田県男鹿市「ゴジラとネコ岩」


【写真・記事】参照元 朝日新聞デジタル版

秋田県男鹿市にある、ゴジラの背後で猫が横顔を出している「ネコ岩」が朝日新聞デジタル版で紹介されました。

男鹿市観光課によると、ゴジラ岩のある塩瀬崎を訪れた人が気づき、数カ月前から「ネコ岩」と呼ばれているそうです。

正式な名前はまだなし。

岩などをゴジラや動物に例えるのはよくありますが、このゴジラと猫は写真を見る限り、もうそれにしか見えません。

こんな、猫名所がつい最近まで気づかれていなかったのが不思議なくらいです。

秋田県男鹿市と言えば「なまはげ」が有名で、世界文化遺産の登録が決定しました。

なまはげを見た帰りに「ゴジラとネコ岩」を見ていこうという人も増えそうですね。

 

地図参照元:NAVITIME JAPAN

熊本県南阿蘇「兎の石」→落下後「ネコ出現」

下の写真は「兎の岩」が落下前

【写真・記事参照元】LINEトラベル

熊本県の阿蘇市で、人気のパワースポットとして落ちない石で有名だった「兎の石」が2016年の熊本地震で落下してしまいました。

しかし、なんと、そこに出現したのが「ネコ」。

写真をみるとまさに猫のシルエット。

版画家が彫ったようなとても精巧な出来栄えです。

 

地図参照元:Google Map

岡山県笠岡市の「猫岩」

岡山県笠岡市の北木島楠地区の東端の布越鼻にある石で、猫の顔が浮き上がって見えるそうです。

お分かりですか?

 

 

この写真を見ると良くわかると思います。

言われてみれば、というかんじですよね。確かに猫の顔です。

波の浸食によって偶然できたと思われています。

言い伝えでは、源平水島合戦で平家の大将が船に乗せていた三毛猫が、船が沈んだときにこの岩まで泳いで力尽きたという伝説が島に残っているそうです。

陸地からは見えないようで、定期船が楠港へ入るときだけ見ることが出来るようです。

それにしてもよく気づいたなぁ~、と感心します。

猫を愛する人だからこそ、揺れる船上からでも猫の顔に気づいけたのでしょうね。

 

【写真・記事参照元】笠岡市観光連盟
【地図参照元】Google map

 

もしかしたらまだ気づかれていない猫岩スポットが存在するかもしれませんね。

発見した方はぜひ自分の愛猫の名前をつけちゃいましょう!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました