【北海道旅行を深く楽しむ】青い池ライトアップ撮影の楽しみ方(スマホでもきれいに撮れる)

青い池

新千歳から車で2時間半から3時間。距離は163km

新千歳から青い池までは、高速道路を使って約2時間半です。距離は163km。
この距離は、東海道53次に換算すると、日本橋から静岡県清水市の江尻の宿場までの距離になります(よく分からない方も多いと思いますが、、、まあ、参考までに)

冬のライトアップ

ライトアップ期間 11月1日~4月30日(2019年ー2020年)
ライトアップ時間 夜9時まで(開始時間は時期によって5時~6時30分)※下のマップ参照

青い池マップとおススメの撮影ポイント

ライトアップ撮影時の諸注意

・防寒は万全に!(撮影時は動かないので手や耳と首の防寒必須)
・池の周囲はライトが消えていると真っ暗です。携帯の照明などで足元を照らして移動しましょう。木の根っこなども出ていて転倒の危険があります。
・トイレは新しく出来ています。
・撮影ポイントは混みあいますので譲り合いながら撮影しましょう。

 

青い池のライトアップ、携帯でも撮れる?

11月上旬のライトアップ。iphone6sで撮影してみました。

普通に撮影するとブレやすい

携帯の画面であれば許容範囲ですが、サイズが大きくなるとややブレが目立ちます。

 


小さいサイズだとそれほど問題なし。

 

iPhoneの設定を変えてみる

手振れ防止のためセルフタイマーを使う

カメラを起動すると上部にセルフタイマーの設定ボタンがありますので、こちらで「3秒」を選択します。シャッターを押してから3秒後に撮影されますので、画面を押す際の手振れを防ぐことができます。

HDRをオンにしましょう

HDRは「ハイダイナミックレンジ合成」の略。シャッターを切ったときに明るさの違う写真を3枚連写し、それを合成してより自然で肉眼で見た感じの写真に仕上げてくれる機能です。

設定後の写真

木々の輪郭がより鮮明になったのではないでしょうか。

iphoneでもライトアップされた青い池の撮影が十分楽しめます。

写真編集機能で編集してみると

iPhoneには露出、ブリリアン、シャドウ、コントラスト、明るさ、ブラックポイント、彩度、シャープネスなど多くの編集機能が付いています。この編集機能で、より自分のイメージに合った写真を作ることも楽しみのひとつです。

ただ、やはり、肉眼で見た自然な色合いに近い写真も味わい深いものがありますよね。

 

ミラーレス一眼で撮影した写真


ミラーレス一眼カメラで撮影の写真です。編集、加工は一切なしです。

やはりミラーレスでも一眼レフだけあり、表現力があがりますね。
カメラはオリンパス OM-D E-M5です。

マル秘情報ですが、三脚がない場合は木製の柵がありますのでその丸太の上にカメラを置いて撮るとブレを軽減できます。

ライトアップは約10分で一つの表現を演出しているので、いろいろなライトアップを楽しめますが、気に入ったライトアップの演出を撮り逃すと、次の回まで10分待つことにもなります。動かないで待っているとぶるぶる体が震え始めます。

冬の青い池撮影では完璧な防寒も必須です。


ライトアップの光のトーンが変わり、とても紅葉の木々もやわらかい色合いで神秘的な世界です

 


さらにライトが弱まると、背景の木々は隠れ、白樺だけが浮かび上がります

 

日中の青い池


翌朝の撮影。雪が降った後のどんより雲。誰かが作った雪だるまを拝借

 


池を囲む木々の外側から

青い池のあれこれ

青い池が有名になったきっかけは?

2012年に発売されたアップルのパソコンMacの壁紙に採用されたことがきっかけです。

また、2014年5月にはテレビ朝日「奇跡の地球物語」で青い池が紹介され、一気に認知が広まりました。

青い池の発見は?

上富良野在住のカメラマンの高橋真澄さんが1997年に発見。翌年の1998年に発表した写真集「blueriver」に収録し、一部の写真愛好家の間で話題になったそうです。

青い池はそもそもは池ではなく堰堤

そもそもは1988年に噴火した十勝岳の火山泥流を防ぐために作った人口の堰のひとつでした。そこに水がたまり、現在の池となったそうです。なんと、国土地理院の地図では池とはみなされず、水たまりとされているそうです。(Wikipediaより)

青い池の観光者数は?

2014年から始まったライトアップのイベントですが、2018年-2019年のライトアップシーズンでは来場者数が22万に達したそうです。その前のシーズンが12万人なので、1年で倍近くに増加中です。

私が訪れたのは2019年11月上旬の19時~20時ぐらいで5,6人という所でした。翌朝、8時ぐらいは少し増えて10名ぐらいでした。

青い池周辺のお宿や観光スポット

白金温泉

青い池から車で5分の距離に白金温泉があります。
日帰り温泉施設も複数ありますので、宿泊しなくても温泉を楽しめます。

大雪山白金観光ホテルにキタキツネが

今回は、大雪山白金観光ホテルに宿泊しましたが、なんとキタキツネが玄関にいました。
受付のスタッフの方に聞いたところ「一匹だけ、居ついちゃったんです」とのこと。

地元の方々にはキタキツネは珍しくないそうですが、観光客にとっては野生のキタキツネは興奮材料です。


右の方にキツネがいます。

白髭の滝


美瑛町のホームページより

白金温泉のすぐ下の美瑛川にある滝です。
こちらもライトアップされています。青い池と合わせて撮影に訪れてみてはいかがでしょう。

 

富良野・美瑛の情報

こちらからどうぞ

 

タイトルとURLをコピーしました