猫の目~キャッツアイの探求~

『猫の目』という言葉は、物事が目まぐるしく変化する比喩表現としてよく用いられます。

猫の目が光の強さにより細くなったり丸くなったり変化しやすいことからの喩です。

どれどれと思われる方は、猫ちゃんの目を観察してみてください。

光のさす方を見ると縦長に細くなり、光の弱いところでは大きな丸になります。

今回は、猫の目について少し探求してみます。

猫の目、キャッツアイの視力

猫の目の大きさは人間より少し小さめですが、瞳孔(黒目の部分)は人間の3倍ほどといわれています。

そんな大きな目を持つ猫ちゃんですが、実は視力はそれほど良くありません。人間の視力の基準で言うと0.3程度と言われています。全体的にぼやけて見える程度です。

一方で、動体視力はとても発達していて人間よりも良いそうです。

小さな獲物を逃さないためです。

視力がよくないにも関わらず小さな虫が動いたりするととてもよく反応します。

おもちゃで遊ぶ時も、ゆっくりと動かすより早く動かした方が反応が良いのはこの発達した動体視力のためです。

猫が認識できる色は?

猫の目には、光を感じる細胞(桿状体細胞というらしいです)が人間の3倍もありますが、色を感じる細胞(錐状体細胞というらしいです)は人間の5分の1しかないそうです。

識別できる色は、人間が赤、緑、青の3種類に対して、猫は赤色を識別できないようです。

つまり、交差点では赤信号気づかずとても危険という事ですね (笑)

もともと夜行性のため、それほど色は重要ではなく、獲物をとるために動くものへの対応する動体視力が発達したと考えられます。

猫の目が暗闇で光るのは?

暗闇で光る猫の目を見ると「夜行性のせいか」と思われる方も多いのではないでしょうか。

これは、懐中電灯みたいに目から光を発しているのではなく、目の中に反射板(タペタムというらしいです)が備わっているためです。

このタペタムのおかげで、猫の目の光に対する情報は人間の7倍ほどとなり、暗闇でもわずかな光があれば行動に支障ないレベルで周囲が見えるようになります。

猫の目を見れば時刻がわかる?

嘘のような本当な話ですが、昔の中国や日本で、猫の瞳孔の大きさや形で時刻を室というのが一部用いられていました。

江戸時代には猫の瞳孔について研究した専門書まで出版されています。

その専門書である「猫瞳寛窄弁」( 1829年)を著した梅川夏北さんによると、

「猫の瞳が小さくなるときは、縦に縮んで一本の線になる。

朝方のまだ暗いうちは丸くなり、日中の明るい時は縮まり、夕方の薄暗い時は再び丸くなる」

と記しています。

割と猫好きの方には常識的なレベルですが、著者にとっては専門書まで出されたという事は、著者の中では大きな発見だったのでしょう。

忍者や戦国武将も時刻を知るために猫時計を用いたという都市伝説まがいの話もありますが、もし本当だとしたら忍者猫や戦国猫など幅広いところで猫の勇姿が見られたのかもしれないですね。

猫の目の色

猫の目の色は、「青」「緑」「黄色」「褐色」の4種類に分けられます。

実は、この色の違いは人間界でも日焼けの原因となるメラニン色素の量によるものです。

メラニン色素が少ないと「青」、多いと「褐色」。メラニン色素の量の多さで、青→緑→黄→褐色の順で変わります。

青い目の猫

青い目で見つめられるとドキッとしますね。

青い目の猫は、メラニン色素細胞がほとんどなく、実際にはほとんど透明だそうです。

人間の目には青く映るようです。人間と同じように、西欧に多く見られます。

(代表種類)ヒマラヤン、シャム

 

緑の目の猫

緑の目の猫もメラニン色素細胞は少な目です。

青や緑は寒くて日光があまり当たらない北欧などに多いとされています。

(代表的な種類)ロシアンブルー

黄色の目の猫

日本猫には多い目の色です。

黄色い目は猫は見慣れているせいか愛着を感じますね。

人間と同じで、西欧人には青い瞳が見られますが、猫界でも青い目に憧れたり、というのがあるのかは不明ですね。

猫も人間も同じ哺乳類ですから、共通するものがあるのですね。

(代表的な種類)日本猫

褐色の目の猫

メラニン色素がもっとも多い目の色です。

温暖で太陽の光が豊富な地域に多くみられます。

(代表的な種類)ブリティッシュショートヘア

 

オッドアイ

左右の目の色が違う猫。縁起が良いとされ、通常の猫より高値で取引されることもある様です。

ただ、ちょっと可哀そうなのはオッドアイの猫ちゃんは聴覚の障害を持っている子が他の目の色の猫に比べ多いようです。

 

猫の目が気になりすぎて、よく知らない猫の目をじっと見つめると、猫は喧嘩を売っているのか、と勘違いするようです。

突然の猫パンチなどにはご注意ください!

猫の目と見つめ合いたい時は、くれぐれも仲の良い飼い猫ちゃんにしておきましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました