猫のいびきと寝言

猫の語源は、よく寝る子だから、ネる+コで「ネコ」になったという説がある様に、猫は一日14時間ほど睡眠をとると言われています。

いわば、寝ることに関してはプロレベルともいえるのですが、中にはいびきをかいたり寝言をいったりする猫も少なくないのです。

猫のいびきの理由

猫のいびきは鼻腔という鼻の中の通りが悪くなることにより起こります。

スピー、プー、プスーなど猫によってさまざまないびきの音になります。

寝ているときにずっといびきをかいているかというと、寝始めた時や、目が覚める前の眠りが浅くなった時に起きやすいようです。

健康上は大丈夫なの?

可愛らしいいびきですが、いびきによっては健康上心配ないびきをあります。

肥満からくるいびき

太り気味の猫の方が痩せている猫よりもいびきをかきやすいようです。

人間の場合も、肥満気味の方は呼吸音が荒いイメージがありますよね。

これは、脂肪などにより気道が狭くなるためです。

猫も同様に、肥満気味だと気道や鼻腔が脂肪に圧迫され、眠ったときに力が抜けることでより鼻腔などが狭まり、いびき発生の原因となります。

当然のことながら、肥満は万病の元です。

ダイエットフードへの切り替えなどの食事制限と適度な日常的な運動で、適正な体重まで落としてあげましょう。

猫風邪の場合

低く大き目な音で「ゴーゴー」といういびきは注意が必要です。

低音のいびきをかいているときに、鼻水や目やにの症状がみられれば猫風邪にかかっている可能性が高くなります。

アレルギー性鼻炎

猫も花粉やハウスダスト、たばこの煙に対してアレルギーを持っている子がいます。

アレルギーによるいびきは、花粉やたばこの煙が鼻の粘膜に付着し炎症が原因で起きます。

長期的に鼻水や目やにを伴いながらいびきをかく場合、花粉の時期だけ限定的にいびきをかくという場合には、アレルギー症状の可能性が高くなります。

花粉であれば猫を外に出さない、外出から帰ってきた飼い主は猫のいない部屋で花粉を振り落とす、など人間の花粉症と同じように配慮してあげましょう。

たばこに関しては、アレルギー以外にも猫への健康被害が危惧されます。

猫がいる部屋ではたばこは絶対に控えましょう。

猫も寝言をいいます

猫の眠りも人間と同じく、レム睡眠とノンレム睡眠というのがあります。

簡単にいうと、

レム睡眠  ・・浅い眠り、夢を見やすい
ノンレム睡眠・・深い眠り、夢など見ない

猫は一日の長い間寝ているのですが、その眠りの7,8割がレム睡眠で浅い睡眠です。

猫が少しの物音や飼い主の気配で目を覚ますのは、このレム睡眠のためです。

寝言もレム睡眠時におきます。

猫の見る夢は狩りの夢などスリリングな夢から子どもの時の母親のぬくもりを思い出しているすやすやとした夢まであります。

スリリングな夢では体がピクピクと痙攣したり、寝言もニャッーと鋭い鳴き声や唸り声になるようです。

リラックスした夢では、甘えん坊的な寝言になり、布団をもみもみしたりします。

口をモグモグしている時もありますね。これは食べ物の夢をみながらの寝言でしょう。

寝言の違いで、猫ちゃんがどんな夢を見ているのかな、と推測するのも楽しいですね。

 

 


 

【管理人の裏話】

管理人が飼っている猫の中で、一番年下のチョビがいびきと寝言で他の猫を圧倒しています。

チョビは、必ず寝付く前にピスー、ピスーといびきをはじめます。

原因は非常に明快で肥満気味という事です。

普段の生活ではまったく鼻息など立てませんが、寝付くときだけピスー、ピスーと鼻を鳴らします。

仰向けで寝ることもありますが、太った体でひっくり返りながらいびきをかいている姿はもうおっさんにしか見えません。。。苦笑

寝言に関しては、目覚める直前です。

いきなり、ここはどこ、助けて的に鳴きだします。

何か怖い夢にうなされているのか、ただ単に、起きたよ、起きたよ~と飼い主に知らせようとしているのか、これはまだ判別できていません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました