分かりやすい猫のカロリー計算【早見表つき】

猫の餌の量って適当になっていませんか?

猫は基本的に与えられた餌を平らげてしまいますので、しっかりと適量を与えてあげないとやせ気味になってしまったり太り気味、さらには肥満猫になってしまいます。

当然、やせすぎ、太りすぎは健康に悪影響を及ぼします。

 

猫の体重管理は健康面でもとても重要な問題です

分かりやすい猫のカロリー計算

計算は2段階です。

数学苦手だけど、なんとかなりそうかな?

①基本カロリーの計算

基本の計算式はこちらです

30 × 体重(kg)+70 = 基本カロリー(1日)

 

例えば、体重が4.0kgの猫ちゃんの場合の計算は、

30×4.0+70=190kcal

1日の基本カロリーはわかったわ!

 

②次に、ライフステージを加味します

年齢や体型によって倍数が変わります。

 

<ライフステージ倍数>

ライフステージ 倍数
標準体型の成猫(避妊・去勢済み)  1.2
標準体型の成猫(避妊・去勢なし)  1.4
活動的な猫  1.6
肥満気味の猫  1.0
ダイエット中の猫  0.8
増量中の猫  1.2~1.4

 

ライフステージというのは、要するに現在の体型や取り組んでいることということ、だよね、きっと、、、

 

①で計算した基本カロリーにライフステージ倍数を掛けたものが、最適なカロリーとなります。

 

基本カロリー × ライフステージ倍数 = 最適なカロリー(1日)

 

例えば、体重が4.0kgの猫ちゃんで「ダイエット中」の場合の計算は、

30×4.0+70=190kcal の基本カロリーに0.8を掛けます。

190kcal × 0.8=152kcal

これが、体重4.0kgでダイエット中の猫ちゃんの最適カロリーとなります。

 

計算式みるとちんぷんかんぷんになりそう、、、
「基本カロリー」に「現状の倍率」をかけるということですよね!

計算が難しい方は、早見表どうぞ!

【体重とライフステージ別の最適カロリー早見表】

  標準(避妊済み) 標準(避妊なし) 活動的 肥満気味 ダイエット中 増量中
猫の体重 1.2 1.4 1.6 1 0.8 1.4
3.2 199 232 266 166 133 232
3.4 206 241 275 172 138 241
3.6 214 249 285 178 142 249
3.8 221 258 294 184 147 258
4 228 266 304 190 152 266
4.2 235 274 314 196 157 274
4.4 242 283 323 202 162 283
4.6 250 291 333 208 166 291
4.8 257 300 342 214 171 300
5 264 308 352 220 176 308
5.2 271 316 362 226 181 316
5.4 278 325 371 232 186 325
5.6 286 333 381 238 190 333
5.8 293 342 390 244 195 342
6 300 350 400 250 200 350
6.2 307 358 410 256 205 358
6.4 314 367 419 262 210 367
6.6 322 375 429 268 214 375
6.8 329 384 438 274 219 384
7 336 392 448 280 224 392
7.2 343 400 458 286 229 400
7.4 350 409 467 292 234 409
7.6 358 417 477 298 238 417
7.8 365 426 486 304 243 426
8 372 434 496 310 248 434

 

餌(固形タイプ)の量の目安は?

1日の必要なカロリー値が計算できましたので、次に、そのカロリー分の餌の量を計ります。

ここの計算がすこしややっこしいので分かりやすく説明いたします。

まず、ペットフードの裏面などのカロリー表記を確認してください。

 

 

画像の中央から少し下に、

55g = 208 kcal

という表記があります。

 

ここから最適なカロリーに合った餌の量を計算します。

単純に次の計算式にあてはめてみましょう!

?????

(①で計算した最適カロリー値)×(55)÷(208)

孫に計算してもらおうかしら💦

スマホの計算式で上の順番通り計算すればOKです。

 

①で計算した最適カロリー 152kcal

餌の袋の表記        55g あたり208kcal

 

であれば、

 

(152kcal) × (55g) ÷ (208kcal) = 40.19g

 

つまり、

体重が4.0kgの猫ちゃんで「ダイエット中」の最適な餌の量は

40.19gとなります。

まあ、40gというところですね。

 

一日のエサの分量を的確に把握することは大切です!

計算、ガンバって!!

ウェット系の餌の場合、カロリーは少ない!

ここまでは固形の餌についての分量の計算でしたが、缶詰の餌の場合はどうでしょう。

 

缶詰のラベルに上記のように栄養成分値とエネルギーが記載されています。

写真の缶詰だと、1缶あたりのエネルギー(カロリー)が約50kcalとなっております。

 

1缶で50kcal

 

そうです、ウェットタイプの餌はカロリーがかなり低めなのです。

えっ? 意外な事実!!

固形餌で例にした体重4.0kgでダイエット中の猫ちゃんでも1日に必要なカロリーは152kcalでしたので、

これを缶詰だけで摂取するとなると、

なんと、

缶詰3缶(1日)が必要になります。

1日に缶詰3缶、、、食費もかかりそう

ダイエットには固形餌とウェット系の餌(缶詰やチュールなど)の組み合わせがおススメ

肥満気味やダイエットが必要な猫ちゃんの場合、固形の餌だけだと分量が少なくなり、
それをストレスに感じる猫ちゃんもおりますので、
量の部分はウェットタイプで補ってあげると猫ちゃんのダイエットストレスも軽減されます。

 

缶詰1缶(50kcal)に匹敵する固形餌の量は約13g

 

1日に缶詰1缶を与えるとすると、固形餌は13gほど減らせばよいことになります。

 

上手にウェットタイプの餌で量の部分を補ってあげると猫ちゃんもダイエットが苦にならないかもしれないですね。

 

量で足りない部分をウェット(缶詰)で補うのがコツですね!

 

管理人も反省

管理人は2頭の猫を飼っているのですが、若い子が避妊手術後、急激に肥満化してしまいました。

反省する間もなく、一気に肥満化しちゃいまして、、、

2頭分の餌を同じ場所で上げていたのですが、肥満になった原因は若い子が年上のおばさん猫の餌も食べちゃっていたということです。

避妊手術前にはスラリとやせ型だったのですが、、、今や体重は7.2kgとお相撲さん体型。

ストレスにならないようにダイエットを開始しました。

無理なく進めていきましょうね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました